2016年05月31日

第2回『マタニティアロマセラピー基礎講座』を開催しました

2016年5月28日・29日の2日間
きずなの家母と子のコミュニティカフェで

2回目となる『マタニティアロマセラピー基礎講座』
を開催しました。


産婦人科では、アロマセラピーを取りいれている
クリニックも多いのですが

出産時の芳香浴や
出産後の疲労感改善やリラックスのための
アロマトリートメントを行なっているところが
多いと思います。

しかし、マタニティアロマセラピーの最も基本的な役割は
少子化の中で女性が妊娠・出産を経験できる回数は
減少してきたからこそ、1つ1つの体験を素晴らしいものにし、
「心身ともに健康なマタニティライフ」の実現を目指し、
それにより新しい命を育み、健康な家族育てをも
サポートしていくこと。

それができるのが、心身のケアとなるアロマセラピー
だと思うのです。

母体は非常にデリケートでもあり、
短期間に、いまだかつてない大きな変化を遂げていきます。

s-IMG_5608.jpg

妊娠によるエストロゲンやプロゲステロンなどの
ホルモンの変化や、子宮の増大、体重増加などに
よって生じるさまざまな症状(マイナートラブル)は
医学的な管理を必要としない症状とも言われます。

つわりや、頭痛、腰痛、便秘、胃の不快感
妊娠線や、下肢の痙攣、不眠や、浮腫みなど
これらのマイナートラブルは病気ではなく
妊娠の進行により、その症状も変化していきます。

医療従事者にとっては「些細なトラブル」かもしれませんが、
母親にとっては深刻な問題であることが少なくありません。

これらに対しては
「出産すれば楽になりますよ」
「産後はそんなもんです」
といった指導で終わることが少なくありません。


アロマセラピーは、この時期の女性の大きな助けともなり
セラピストの役割は、妊娠出産にまつわる知識と
安全に実施できる技量や応用力、実践力だけでなく
妊婦さんの不安な心に寄り添う覚悟など、
二つの命を預かることからも、多岐にわたります。


妊娠中から産後にかけてのマイナートラブルの
改善にも役立つ、「マタニティ・アロマセラピー基礎講座」

今回、ご紹介した精油や資料や本はこんなにたくさん・・・
IMG_7522.JPG


今回、ご参加くださったのは
アロマセラピーをケアに導入したいという助産師さんや
産婦人科クリニックでアロマを行っているアロマセラピストさんです。

途中、大門美智子先生も講座に顔を出していただきました。
産婦人科の医師に、妊娠中のアロマや精油の安全性など
直接、質問もしていただき、受講生さんも満足されたようです。

女性が本来持っている自然に生み出す力をもサポートできる
そんな可能性も感じていただきました。


少人数で開催しているので、
実践的で知識に裏付けされた内容だったと好評でした。


次回は、8月の13日、14日に開催しますので
▼ご興味のある方は、この機会にご参加くださいね。
http://aroma-kansai.org/news/n_event/entry1297.php

posted by KAF at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | KAF講座

第9回総会・講演会を開催しました

5月22日(日)宝塚エルにて、
第9回総会・講演会を開催致しました。


参加者と体験ブースの協力者とスタッフで
総勢80名の参加となり
盛会となりましたことお礼申し上げます。


会員さんのご来場特典として
彩生舎さんのラベンダー芳香蒸留水を1本
プレゼントさせて頂きました。


芳香蒸留水は、精油とはまた少し違う香りと、
そのまま使える手軽さが魅力ですよね。
ルームスプレーとして早めにお使いくださいね。


午前中の総会では、
大門美智子理事長の挨拶で開会しまして、
CIMG4755.JPG

宮里副理事長から
昨年度の活動実績と決算のご報告を致しました。


そして、2008年のKAF立ち上げのときからの仲間で
ラヴィングタッチケア(LBT)事業のメイン講師を務めている
はやしひろこ理事が任期満了でのご退任となりました。

!cid_D3C58018-EFC8-4EBD-B549-E8784BA318F4.jpg

8年間KAFを支えて下さったはやしさんとのここまでの道のりを考えると
ウルっと込み上げてくるものがありましたが、

当時のスタッフと一緒に精いっぱい笑顔で送り出しました。
はやしさんへの感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました。

CIMG4862.JPG

ラヴィングベビータッチ(LBT)講座は
これまで43名の方が受講され、
これからも「KAF認定」という形は残りますが、


今後は、LBT事業をはやしさんに移譲して
はやしさんが目指される将来的なLBTの発展に
夢を託すことになりました。

CIMG4776.JPG


活動報告会・交流会でも今の率直なお気持ちと、
今後も認定者へのフォローを引き続き行っていくこと
などをお約束してくださいました。


続いての活動報告では、加藤みゆきさんに
「認知症ユニットケアでのアロマセラピストの活動」
と題してお話いただきました。

CIMG4781.JPG

加藤さんは、済生会滋賀県病院の介護老人施設
「ケアポート栗東」で
5年間セラピストとして活動を続けておられますが、


昨年より始まった認知症専門棟での
アロマとハーブを取り入れたケアについてお話をいただきました。


アロマトリートメントの施術では、セラピストと入居者さんとの
信頼関係の構築など個々の関わりだったところを、


施設の畑でハーブなどの植物を育て楽しむ園芸を取り入れたことで、
自然や植物との触れ合いの中で、様々な人とのつながりができ

喜びを共有し、元気を取り戻してもらえるという
一歩進んだ取り組みになっていったそうです。

CIMG4778.JPG

施設の方とのカンファレンスを重ねて
試行錯誤していきながらの過程も、
惜しみなく話して下さり、

セラピストとして信頼されこの様に関わっていける形を知り
とても勉強になり勇気づけられました。


次に、宮里副理事長より
「ホリスティックにめざめるとき」と題して

アロマセラピストが目指している
「ホリスティック」について、もっと深く掘り下げ

こころ-からだ-いのちの健康を考えていける機会となる講座
『ホリスティックヘルス塾基礎講座』
についてお話いただきました。

CIMG4789.JPG

講座は、7月23日に宝塚で、7月30日に広島で行われます。
▼詳細はこちらをご覧ください。
http://aroma-kansai.org/news/n_event/entry1315.php


今回の総会のお楽しみの一つ、
彩正舎さんの精油やアロマ器材のご紹介コーナーです

CIMG4744.JPG

精油のサンプルで香りや使い心地を楽しんでいただき
気にいった香りをシール型の携帯ディフューザー
「アロマパッチ」に垂らしてお持ち帰りしてもらいました。

CIMG4872.JPG


会員更新のお礼としても1シートご用意しましたので、
今回ご出席出来なかった会員さまにもお送りしております。
是非、活用してくださいね。


そして体験ブースは、ワンコインの500円で

温かいエネルギーが全身を巡る心地よさ、
包まれる感覚のクォンタムタッチⓇ

!cid_A573CD32-A292-4DB9-8047-599CB2C974B1.jpg

タッチケアの心地よさをじっくり感じられる
タッチケア支援センターさんによるハンドマッサージ

!cid_FCC72A87-7203-4999-874F-04B4CE2104D1.jpg

自分の自律神経の状態や血管年齢を知ることができるので
ワクワクした自律神経測定のコーナー

!cid_431C1758-5A3E-41A8-99EA-0D987CC8B110.jpg


自分の潜在的な部分をカラーから導き
ガイドを受けるカラーセラピー

color.jpg

好きなことばをかわいい笑い文字で書いてもらって
幸せ気分になる笑い文字

CIMG4850.JPG

温かい手のひらやまなざしや声で、親子のきずなを
深めるラヴィングベビータッチのデモンストレーションなど、

!cid_097C1C22-FD6A-46E9-B74B-A6A278AFAE02.jpg

多くの方にヒーリングを体験していただき
ご好評いただけたこと嬉しく思っています。

ご協力くださったブースをご出展の皆さま、
誠にありがとうございました。



午後からの講演会は、
竹林直紀先生の「自律神経がよろこぶセルフヒーリング」は
心と体のつながりや、簡単にできるワークをご紹介いただきました。

CIMG4881.JPG

自分自身で変えていけるんだという
セルフヒーリングの効果に気が付き


大変分かりやすかった、
自分で工夫できる内容が多く、早速取り入れたい。

と喜びの声をいただき、質問もたくさんいただきました。

CIMG4893.JPG

上村由美子先生による講座では、
会場の皆さんと実際にツボを探して押したり、

CIMG4915.JPG

自分の体質に合ったセルフケアを教えていただいたり、
お灸のご紹介とプレゼントをしていただきました。


タッチケア支援センターの中川玲子先生は、
大地を感じるタッチケアワークを実演していただき
会場は心地よい癒しの空気に包まれました。

CIMG4927.JPG

アロマセラピスト以外に一般の方にもご参加いただいて、
用意した80席もほぼ満席で、お陰さまで盛況となりました。

CIMG4930.JPG

この日まで、有志の会員さんと実行員会を立ち上げて
ゼロから準備を進めてきました。



当日のお手伝いを申し出てくださった会員さんも含め
スタッフとして1日共に駆け回ってくださり
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

!cid_F85D9D32-64B0-4109-8B52-25A4978E1F29.jpg

みなさんと共にこの会を作り上げられたこと、
仲間に恵まれたことを感謝しています。


お疲れ様会でした〜!!

CIMG4933.JPG

CIMG4937.JPG
posted by KAF at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月19日

2016.5.14グランポルト宝塚でのアロマハンドケアボランティア

5月14日土曜日に第22回目となるグランポルト宝塚での

ハンドマッサージボランティアを開催しました。

s-002.jpg

会員のアロマセラピストと

ハンド講座修了生の6名が集まってくださり、

入居者さん17名、スタッフ2名に

アロマハンドマッサージを行うことができました。

5.14.1.jpg

継続的に参加して下さる方々は入居者さんから

「おっ、今月も来たね〜」

と挨拶されるなじみの仲になっていましたね。


精油の香りと共に、お肌に触れていく約15分間

ゆっくり優しい圧でマッサージをしていくうちに、

色んなお話をしてくださいます。

5.14.2.jpg

ご家族のこと、若い頃のこと、

そして誇りに思う大事な大事な想いを

話してくださることもあります。


その想いに触れたとき、

とても嬉しくってありがたくって、

私達セラピストの心がときめきます。

5.14.3.jpg

以前は不安一杯で表情も乏しかったのに

今回は素敵な笑顔をみせてくださる方も

いらっしゃいました。


そして

「私は下手やけど、これでいいのかな・・・」

s-006.jpg

s-008.jpg

とセラピストにマッサージしてくださいました。

お互いに手にハンドマッサージをしながらというのは

私も初めての経験!

と宮里副理事長が話しておられました。


人生の大先輩から頂いく優しい言葉やお気持ちに触れること

それこそが、このボランティアの一番の喜びかもしれません。


次回は、6月4日(土)です。
5日の日曜日から変更となりましたので、ご注意ください。

▼こちらからご応募お待ちしております。
http://aroma-kansai.org/news/n_news/entry1265.php

会員さんやハンド講座修了生が優先ですが、
非会員の方もご相談ください。

スタッフ増田