2017年04月30日

4月22日グランポルト宝塚でのハンドマッサージボランティア

4月22日(土)にサービス付き高齢者住宅「グランポルト宝塚」で
今月もアロマハンドマッサージボランティアを行いました。

今回で、31回目となりました。

施設の皆さまにはいつも快く迎えて下さり感謝しております。
ありがとうございます。

この日は事務局スタッフと、
先月から引き続き参加して下さっている
セラピストさんの4人で行いました。

そしてもう一人、
かわいい女の子が助っ人で来てくれました。

グランポルト4月ホワイトボード.jpeg

めずらしい来客に、入居者さんも笑顔で迎えて下さいました。

お一人15分から20分の
アロマハンドマッサージをさせていただきますが、

認知症によりその場に
じっとしていられない方もいらっしゃるので、

様子を見ながら、その方に合わせて時間や施術を調節します。

そういった臨機応変な対応も、セラピストに求められる資質のひとつです。

グランポルト4月.JPG

始めは緊張してお声掛けもままなりませんが、
回を重ね経験を積むうちに、
気が付いて行動していけるようになっていかれます。

グランポルト4月22日.JPG

静かに毎日を過ごされている高齢の方に、
アロマセラピーを通して、植物のよい香りと心地よいタッチ、
そして、人と人との温かい繋がりを感じていただける
時間を過ごしていただきたいと続けています。

私達の活動に賛同し、
一緒にボランティアに参加して下さるセラピストを募集しています。

来月は、5月13日(土)です。
ホームページからご応募お待ちしております。
http://aroma-kansai.org/news/entry1658.php

事務局 増田

2017年04月25日

第14回目『アロマでタッチケア』ハンドトリートメント講習会

4月23日(日)第14回目となる『アロマでタッチケア』
ハンドトリートメント講習会を開催しました。

国際資格である、IFA資格をお持ちの方や
AEAJのインストラクターさん
JAAの介護アロマセラピストさん
JEAのアロマセラピストさん

マクロビオティック師範や、
ヨガの先生として活動されている方も
ハンドケアを役立てたいと興味を持っていただき、
ご参加くださいました。

14回基礎1.jpg

ご参加いただいた皆さま、
小さなNPO主催の講座に集まっていただき
ありがとうございました。

この講座を始めたきっかけは
東日本大震災でのボランティア活動で始めた
座位でのタッチケアの方法をお伝えしたいと思ったからでした。

アロマセラピーのスクールでは
全身のアロマトリートメントを学びますが
向かい合って、椅子に座ってのハンドトリートメントを
学ぶ機会はありませんでした。

14回基礎2.jpg

被災地でボランティアをする際には、
服を脱いでもらったり、横になってもらうスペースはなく
対面で向かい合って手から肘までをマッサージするのが
一番手軽にタッチケアを受けていただくことができました。

腕へのハンドマッサージですが
アロマセラピストが全身のトリートメントをするように
ゆっくりと思いやりを込めて触れていくと
そのタッチが、体だけでなく心に届きます。

鎧がとけるように、涙ぐまれたり
心の中に閉っておいた苦しみや哀しみを吐きだすように
語ってくれたり

時には、「私はここにいていいんですよね・・・」と
自分の存在を確認したり
自己肯定感につながったり

これまで、何度も、ハンドケアでの奥深い効果を
目にしてきました。

14回基礎3.jpg

(花巻温泉ホテルに避難されていて、出会ってくださった方)

そんな被災地でのボランティア活動から生まれた
心身のケアの専門家、アロマセラピストによる
『アロマでタッチケア』は6年目を迎えます。

14回基礎4.jpg

アロマセラピーの香りがもたらす心理作用や
薬理作用の基礎的な部分と
タッチケアが心身に与えるさまざまな効果や素晴らしさ
それらを融合できる、『アロマでタッチケア』

次回、3週間後の応用編、実技編と続きます。
3週間の間に、ハンドケアも練習しておいてくださいね〜

14回基礎5.jpg

応用編では、足のセルフトリートメントも体験していただきますね。
足の血行がよくなり、引き締って軽くなりますよ〜
セルフケアも大切です。

基礎編を受講されている方は、ご参加いただけますので
基礎編のみの方や、しばらくぶりに再受講したいという方も
大歓迎です。

是非ご参加くださいね。
http://aroma-kansai.org/news/n_event/entry1579.php




posted by KAF at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | KAF講座