2015年10月01日

2015.9.27フェイシャルリフレケア講座を開催しました

9月27日(日)

英国IFPA認定アロマセラピストの
仲野智子先生をお招きして
『アロマでフェイシャルリフレケア講座』を開催しました。
s-012.jpg
アロマの勉強を始めたばかりの方から、
タッチケアを学んで、周りの方を癒してあげたいという看護師さん
自宅サロンや介護施設でアロマセラピストとしてご活躍の方まで
10名の方が参加されました。
s-001.jpg

フェイシャルリフレケアは、
脳に近い顔にタッチすることで、
心と体に素早くアプローチできます。

表情筋のコリをほぐすことで、表情が豊かになったり笑顔が増えたり
シミやシワの改善など、美容効果も期待できます。

見ために分かりやすい効果が魅力なんですね。


さらにボディートリートメントでは、禁忌となることもある
赤ちゃん、出産時の妊婦さん、高齢の方、重度の心身障がいの方にも
禁忌はなく、安全に施術できるそうです。
s-037.jpg

着衣のまま行えますし、
アロマを気軽に体験していただける入り口となり、
また、アロマケアの幅を広げてくれる施術方法だと思いました。
s-CIMG8114.jpg

手技の時間はたっぷりとってありましたので、
先生からお一人ひとりにタッチの圧や手の使い方など
丁寧に手ほどきを受けることができました。
s-IMG_5257.jpg

今回フェィシャルに使用した精油は
贅沢に、香りの女王「ローズ」
s-CIMG8119.jpg

ローズオットーを使った研究では、肌弾力や水分量の改善など
美肌効果が報告されています。

ホホバオイルにローズ精油を1%に希釈したオイルを
顔面に、毎日4週間使用したところ、
ホホバのみの群も、ローズ精油を使用した群も
ともに、頬の中央部の肌弾力が有意に増加しました。



また、ローズ精油の香りを嗅ぐことで、ストレスの軽減や
肌のバリア機能の低下を有意に抑えることも報告されています。


フェィシャルにローズを使うことで、ストレスを和らげ
肌の弾力も回復するなんて、嬉しいですね。


会場は、花園かしら・・・と思うくらいの幸せな香りで包まれました。

ローズオットーのブルガリア産とトルコ産の微妙な香りの違いも
体験できました。
s-CIMG8110.jpg
豪華でフルーティでうっとりする香りでありながら
スパイシーさもあり、
参加者の中でも、どっちの香りが好きか、好みも分かれましたね。




施術後は、スッキリしたフェイスラインに驚きの皆さま。

顔色もほんのりピンクに色づいて、血色のよい肌は若返ったようでした。


今回フェイシャルリフレケアの入り口を教えていただきましたが、

魅力にあふれ、充実感のあるメソッドでした。

もっとフェィシャルの実技を学びたいとのお声もいただき、
今後につなげていけたらと願っています。
s-CIMG8106.jpg

イギリスで10年間セラピストとして活躍されていた仲野先生、
英国でのアロマの伝統を感じることができる楽しい講義と
フェィシャルリフレの充実の手技を教えて下さり
ありがとうございました。

また、顔のツボのおさらい会をしたいと思います。

皆さまも次の機会を楽しみにしていてくださいね〜

よろしくお願い致します〜!







posted by KAF at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164733558

この記事へのトラックバック