2015年10月30日

2015.10.24ビッグ・アイさんでのアロマハンドケア講習会

10月24日 堺市にある国際障害者交流センター「ビッグ・アイ」さんで、

宮里副理事長による『アロマハンドケア講習会』を行いました。
s-004.jpg

この講座は、

障がいのある人の自立と社会参加への支援、

タッチすること、されることの体験、

障がい者と健常者が交流を通して相互理解を図るための機会

を目的としてビッグ・アイさんが、企画してくださいました。


当日は定員15名のところを、午前午後とも40名を超し、

一日で合計約90名様にもなり、たくさんの方に受講頂きました。

障害をお持ちの方もいらっしゃいましたし、

アロマに興味のある方や

アロマのボランティアに興味がある方

アロマセラピー初心者から、アロマセラピーの有資格者まで

ほんとうに様々な方にご参加いただきました。
s-20151024_043822696_iOS.jpg

講座は、アロマセラピーとは?から始まり

アロマセラピーの香りの効果と

ハンドマッサージのタッチの効果へと続いていきます。

初心者の方に最初に覚えてもらいたい精油を紹介していきましたが

会場からは、「このラベンダーはいい香りですね」

「今まで香ったことがあるものは頭が痛くなりましたけど・・・」

という声もありました。
s-20151024_045758661_iOS.jpg

アロマセラピーで使用する天然精油の特徴の一つとして、

育った環境や蒸留によって個性もあり、

含まれる成分や品質も違ってきます。

まるでワインのように、その年によって香りが違う

「なまもの・生物」なのです。

自然からの恵みの生きた香りを嗅ぐことで、

心と身体は健康へと導かれます。

そんなアロマセラピーの魅力の一つに

気が付いていただけたのではないでしょうか。

s-018.jpg
そしてタッチケアによる効果については、

宮里副理事長ご自身のご経験として

神戸の震災から、産婦人科でのアロマルームのお仕事や

東北の被災地でのボランティア活動などから

ハンドマッサージを受けることによって、

「今」触れられているということを実感し

「私は今ここに居ていいんだ、生きていていいんだ」

という自己肯定につながるんだという話をお聞きし

会場は感動に包まれました。


さらに人と人が触れあう中で生まれる信頼関係や

幸せホルモン「オキシトシン」のお話で、

ますますハンドケアへの期待が高まりました。


実習は、二人ひと組になってのハンドマッサージです。

今日初めて会った方とも、

「こんにちは、お願いします」とお近づきのご挨拶から。

そして丁寧なファーストタッチで触れていきます。
s-031.jpg

肌に触れていきながら、気持ち良くなり心もほぐれていきます。

先ほどまで知らなかった方ともいつの間にか打ち解けています。
s-036.jpg

障害をお持ちの方も、とっても上手な手つきで丁寧にマッサージされていました。


お手伝いいただいたKAF会員でもある6名のアロマセラピストさんにも、

それぞれのテーブルで、細かい手技をレクチャーしていただきました。



会場は、全ての方が癒しと幸せな空気に包まれ、

とても心地よい空間になりました。
s-20151024_052928237_iOS.jpg
s-032.jpg
アンケート結果でも、とても楽しかった。

また、次回も開催してほしいと、たくさんの方に好評をいただきました。


無事に終えられたことに、ほっとしました。




ビッグ・アイの皆さま、すばらしい会場とこの様な機会を頂きましたこと、

ありがとうございました、感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、お手伝いいただきましたアロマセラピストさんにも

この場を借りて感謝申し上げます。

ありがとうございました。

また、ご一緒してくださいね。



KAF事務局スタッフ増田
posted by KAF at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166746754

この記事へのトラックバック