2017年01月24日

2017.1.21グランポルト宝塚さんでのアロマボランティア

2017年1月20日(土曜日)

医療と提携した安心のサービス付き高齢者向け住宅
『グランポルト宝塚』さんでの29回目のボランティア活動

アロマハンドケアを行いました。

s-004.jpg

真冬の風邪のシーズンでもあり、感染対策を強化するように確認しあい
入室後は、すぐに丁寧に手洗いとうがいを行ないました。

安全なケアを提供するためにも
抵抗力や体力の低下が懸念される高齢者さんと向き合うには
こちら側の体調管理や姿勢が問われます。


椅子に座ってのハンドマッサージや
高齢者さんとの関わりや
ボランティアグループとしての在り方や

知識や技術だけでなく
アロマセラピストとしての経験だけでは、
足りない部分もあります。

そんな側面を磨くためにも、継続してお手伝いくださっている
アロマセラピストの仲間がいることを心強く思っています。
いつも、ありがとうございます。

ひとりでは出来ないことも、仲間がいることで
素晴らしい出会いや研鑽の場となっていることを
心より感謝しています。

s-003.jpg


入居者さんが終わった後には、スタッフさんも6名
アロマを受けに来てくれました。
腕がパンパンに張っている方が多く
肩こりに悩まされている方には
頸部から肩峰へとアロマオイルを塗って優しくほぐしていきましたよ〜

スタッフさんにアロマトリートメントを体験していただけるのも
セラピストとしては、とっても嬉しいことです。

s-001.jpg

この日は、2月19日に開催される
須磨離宮公園でのハンドマッサージの活動に参加される方が
見学に来られました。

普段はお仕事をされていて、週末だけ自宅で
アロマルームをされているそうです。

ベッドで横になって行なうアロマトリートメントではなく
椅子に座って向き合うハンドトリートメントは
クライアントさんとの関わり方や会話自体も
とても重要となってきます。
コミュニケ―ションがもたらす効果についても
知っていてもらいたいです。


アロマセラピストとしては、
現場ではカウンセリングマインドで接し
どんな場であれ、どんな方とでも、
勇気づけとなるような肯定的なメッセージを受け取ってもらえる
そんなひと時を提供していきたいですね。


ご注意:ボランティア活動の前日に、お問い合わせメールに見学希望と連絡をくださり
    こちらからのお断りのお返事を待たずに、直接来られた方がおられました。
    施設側との調整や、入居されている方への配慮も必要であり、
私たちも緊張感をもちながら活動を行っています。
お相手のあることですので、ボランティアの輪が円滑に進むように、
こちらからのお返事をお待ちくださいますようにお願い致します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178523788

この記事へのトラックバック