2017年12月12日

グランポルト宝塚でのハンドマッサージボランティア報告

長らく更新ができておらず、会員の皆様にはご心配をおかけしています。

遅れておりましたが、まずは、『グランポルト宝塚』での
ボランティア活動の報告です。

9月16日(土)午後より、第35回目のハンドマッサージを行いました。

いつものアロマセラピスト3名に交じって、初回の方が2名参加してくれました。
高齢者施設でのハンドマッサージは初回となりますが
大手のアロマサロンに勤務するベテランのアロマセラピストさん達です。

土曜日に休みを取って参加くださるとは、有り難いことです。

s-2017年10月.jpg

お肌の弱いご高齢の方への施術のため
一番大切なのは、どのような体位で、どんな手技で
どこに注意していくかを、瞬時に適確に判断できているかが
ポイントです。

車椅子をご利用か、杖歩行か、体の傾きはどうか、
関節の状態はどうか、皮膚の様子は?

どんな施術を行っていくか、その方に応じた目的やポイントを
明確に考えることができればいいんです。

その力を養うために、施術前後の記録用紙を作成しています。
どこに注意して行ったか、そしてどうなったのか
1つ1つのこの経験の積み重ねが、
アロマセラピストとして成長させてくれます。

普段は出会うことのない、高齢者施設でのハンドトリートメントを
通して
いろんなお話をうかがい、体験することから、多くのことを学び
知ることができます。

私たちは、そんなお互いが学びあえる場を大切にしています。

この日は14名の入居者さんと、4名の職員にも行いました。

肌荒れに悩んでいる職員さんがいたので、丁寧にオイルを
塗りこんでいきましたが
職員さんにも、アロマのハンドトリートメントをもっと体験して
もらいたいと願っています。

s-044.jpg


続いて、10月7日(土)午後より
第36回目のハンドマッサージのボランティアを行いました。

セラピストは4名の予定でしたが、風邪をひかれた方がおられ
急遽、3名のセラピストでの活動となりました。

1名足りないと、次の方をお待たせする時間が長くなるので
私たちも、少し緊張感を持ちながら、要領よく進めていくように
周りの様子に目を配りながら行っていきます。

デイルームでは、おやつタイムでもあり
お茶とお菓子を食べながら待っていてくれています。

ご夫婦で、隣同士に座って仲良く受けに来られる方や

姉妹で、お互いを頼りに来られる方もおられたり・・・

s-043.jpg

また、この3年間での変化を実感することもあります。


車椅子で来られる方が増えていたり
以前は、よくおしゃべりしていた方が寡黙になっていたり
表情の変化や、話し方の変化も含め
セラピストとして、月日にもそっと寄り添い、見守るようにしています。

新人スタッフさんにも、アロマハンドトリートメントを受けてもらい
この日も、利用者さん14名とスタッフ3名でした。


そして、残念ながら12月と1月のボランティアは中止とさせてもらうことにしました。

継続したハンドマッサージのボランティアの確保が難しくなり
一部の方への負担が大きくなったためです。

安定してボランティア活動を行うためには、
活動を支えてくれるアロマセラピストの確保が欠かせませんが

ボランティアだと、継続しての参加が難しくなるのか
どうしても手が足りなくなっています。


来年から、心機一転

また新たな気持ちで再開したいと考えています。

新メンバーの参加も大歓迎です。

継続してご参加いただけるセラピストさんを募集いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181825368

この記事へのトラックバック