2018年07月09日

2018年6月 グランポルト宝塚でのボランティア報告

高齢者住宅でのアロマハンドケア・ボランティア報告

2018年6月23日(土)午後から
宝塚市にある『グランポルト宝塚』にて
第41回目となる“アロマハンドケア・ボランティア”を
行ないました。

62301.jpg

最近は、ボランティアに来て下さるアロマセラピストが
足りなくなっていて、5月は開催できなかったのですが
今回は、スタッフブログを見て、京都からわざわざご参加
くださった方、東日本大震災後の被災地でのボランティアに
ご協力くださった方にもいらしていただき、無事に開催する
ことができました。

ご協力いいただきましたアロマセラピスト皆様には
心より感謝申しあげます。
ありがとうございました。

14名の入居者さんと、3名のスタッフさんに
短時間でも、ほっとひと息つけるリラックスの時間を
お届できたのではないかなと思います。

62302.jpg

アメリカでは、ホスピスの入院患者さんだけでなく
精神的にもストレスの大きい医療スタッフのためにも
タッチケアを行なう病院が増えているそうです。

末期がんの方への痛みの軽減や、それに伴う医療用麻薬
の使用量の低下や不安の低下、睡眠の改善に役立ったり、
また、QOL(人生の質)の向上や、心拍や血圧の低下、
免疫機能の上昇などの効果がみられることが分かってきています。

優しい穏やかな気持ちで触れられることは
1人ではないという寄り添いのケアとなり
他者とのつながりを実感することができます。

高齢者施設では、家族が既に他界していて孤独感を
抱えた方も多くおられます。

触れるケアが、人だけでなく、社会や日常生活のつながりも
取り戻していき、安心する。
いっときでも昔話や会話をすることで、気分が楽しくなって
笑顔が増える。

関わりやつながりが、ケアとして優れていることが
見直されている昨今。

これからも高齢者施設でのタッチケア・アロマケアを
継続していけたらと願っています。

次回は、7月21日(土)午後1時半〜4時半です。
8月は、お休みとさせていただきます。

ご協力いただけるアロマセラピストさんは、
KAFのお問合せフォームからお願いいたします。

62303.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183786070

この記事へのトラックバック