2011年01月22日

第3回祖父母教室基礎編

1月19日(水)、恒例の祖父母教室3回目基礎編を開催しました。

今回は突然のキャンセルや、せっかく近くまでおいで下さったのに
残念ながら場所がわからず間に合わなかった方がおられ、
2組5名と少人数でしたが、
和気あいあいと、とても和やかな雰囲気でした。

今回は、なんと初の赤ちゃんのご参加です!
まだ4カ月半と小さく、2時間の講座はしんどいかな?と心配しましたが、
とってもおりこうさんで、ニコニコと可愛い笑顔を振りまいてくれました。
スタッフにもなついてくれ、途中スヤスヤと宮里副理事長の腕の中で
眠っていました。

祖父母教室2.jpg

赤ちゃんのママは、お産を「楽しかった!」と振り返り、
赤ちゃんと一緒に頑張ったことを
誇りに思っておられるようでした。
素晴らしいですね!揺れるハート

出産間近の妊婦さんもご参加下さいました。
大きなお腹をかかえ、お母様と一緒にメモをとられます。

今回もクイズ形式の設問で、
大門先生が「昔は妊婦さんによくおもちを食べさせた」など、
以前の言い伝えを話されると、
だいたいお祖母さんは「そうそう!わーい(嬉しい顔)」と嬉しそうに笑われますが、
それが間違いだと知ると、「え〜!あら〜!がく〜(落胆した顔)」と、
必死にメモされます。
積極的に質問をされるのは、いつもだいたいお祖母さんですね。
孫育てに取り組まれる真剣なお姿が伺われます。

祖父母教室.jpg

アンケートでは皆さん、
「少人数でわかりやすくてよかった」
「役立つ情報が得られた」と、
内容につきご満足頂きました。

最後には恒例のKAF認定アロマセラピストによる
アロマハンドマッサージです。手(パー)
いつもながら、タッチしながらの会話は心を開くようで、
皆さん表情が和らいでおられました。ぴかぴか(新しい)

祖父母ハンド.jpg

講座が終了した後、会場の廊下から
「楽しかったね〜わーい(嬉しい顔)」とご家族で話される声が聞こえました。
こういう声は、大門先生はじめスタッフ一同励みになりますね。グッド(上向き矢印)

次回の応用編「緊急時の対応とコミュニケーション」は
3回シリーズの最終回となります。
お申込み、お待ち致しております。
posted by KAF at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42793289

この記事へのトラックバック