2015年01月19日

2015.1.18 第8回アロマでタッチケア ハンドトリートメント講習会

第8回アロマでタッチケア ハンドトリートメント講習会



2015年 1月17日 阪神淡路大震災から20年が経ちました。

さまざまな式典や、テレビでも特集が組まれ

あの大きな災害の爪痕と、その後の復興への歩みについて

見つめ直す時間を持てました。

1.1804.jpg

ボランティア元年とも呼ばれたあの年は

災害医療のしくみが作られた年でもありました。

多くの犠牲と深い悲しみにあっても

そこから生み出されたものは数多くあります。

それぞれの生き方に多大な影響を与えた震災と復興への歩み

皆様はどのように過ごされたでしょうか?




1月18日、日曜日

東日本大震災後の被災支援ボランティアから生まれた講座

第8回 アロマでタッチケア ハンドトリートメント講習会

基礎編を開催しました。

遠くは、和歌山からもいらして頂きました。

全人的で包括的なホリスティック医療を目指しておられる看護師さん

障がい者の自立支援施設で働いておられる方

高齢者の介護を支援されておられる職員さん

介護施設のヘルパーさん

被災地支援のボランティアをするために参加された方など

さまざまな動機を持たれて来られました。

アロマセラピー初心者の方もおられますし

アロマの資格をお持ちの方も

1.1803.jpg

既にアロマ資格をお持ちの方からは

あらためてハンドマッサージの奥深さと可能性を感じる時間でした。

医学的な視点からのお話は大変興味深く
データの裏付けなども
わかりやすくて知識を深めることができました。

また他の参加者の方々についても、
介護の現場におられるヘルパーの方、
看護のお仕事をされている方、
施設で相談を受けられる方など

さまざまな現場でハンドマッサージを活かそうとする
意欲的な方々に良い刺激を頂きました。

講師のお話ぶりもとっても明るくて
信頼感があって素敵でした(^_^)

とっても勉強になりました!

貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

1.1802.jpg


との声をいただきました。


受講者さん同士の出会いからも学びはたくさんありますね。

手に触れることで感じたことを大切にしてくださいね。


来週は応用編があります。

既に基礎講座を受講済みの方は

残席少しですが、お問い合わせの上是非いらしてくださいね。

1.1801.jpg

posted by KAF at 23:26| 日記

2014年11月23日

家族介護者のためのアロマ講座

2014年10月21日(火曜日)
矢田地域支援包括センターさん

11月20日(木曜日)
寝屋川社会福祉協議会さんからの依頼で

ご自宅でご家族を介護されている方を対象とした支援事業
交流推進事業として

『介護者のためのアロマ講座』を開催しました。


今回の会場は、二つの講座とも、これまでの講座とは違って
ちょっと変わったところで行われました。

先月の矢田地域では、中庭のある大きな古民家の
和室が会場でしたが

寝屋川市では、素敵な創作料理レストランをお借りして
アロマ講座の後、ランチ会もありました。



これまでは、アロマセラピーの講座を開催したいというと

匂いが強いと後にお部屋を使われる方に困りますとか

香りが周りに迷惑をかけると思われていて

断られてしまうという話も聞いたことがありますが

レストランのランチ時でもOKを頂けるとは

アロマセラピーの認知度も上がったという事でしょうか。

嬉しいことですね。

1.jpg

2.jpg


アロマ講座では、

まず、精油の香り当てクイズから始まります。

日本人に馴染み深い精油の香りを実際に考えてもらい

それらが持つ薬理作用に、あ〜そうなんだ・・・と納得してもらってから

植物の香りや嗅覚がどう影響を与えるかや

認知症予防に役立つ精油の香りについてと

思いやりをもって触れるタッチのさまざまな効果をお話して

ハンドマッサージを練習しました。

3.jpg

4.jpg

ご参加くださった皆様からは


「アロマセラピーに興味があったので、
香りの効果について教えてもらって良かった」

「人に触ってもらうと、こんなに気持ちいいのですね。
   とてもホッと安心した気持ちになりました」

「認知症に役立つ香りがあるんだと知って
早速使ってみたい」


「帰ったらすぐに家族にやってあげたい
喜ぶ顔が目に浮かびます」
 
「香りが介護時のリラックスになることや
脳のリハビリになると知れて、よかったです」


「リラックスできて、これからも頑張る気になりました」


そんなお声をいただきました。




ハンドマッサージでお互いに触れあった後は

すっかり打ち解けあって

お話しが盛り上がったり

美味しいランチを召し上がったり

心もおなかも満たされて

日頃の疲れや悩みも、少しだけ軽くなったようでした。




アシスタントとしてお手伝いいただいたセラピストさんからも

普段と違って、介護分野でのアロマ講座を

体験できて、とても楽しかった

このような機会に感謝している、と喜んでもらえました。




寝屋川市でのアロマ講座が終わってからは、

以前スタッフへのアロマ講座をさせていただいた

香里園にある「石津園」さんへ、ボランティアに伺いました。


デイサービスでは、既にたくさんの方がお待ちでしたので

少しでも多くの方に触れていこうと

今回は女性限定で、ハンドマッサージを行ないました。


そして次はショートスティにいらっしゃる高齢者さんや

介護スタッフの方へも

アロマトリートメントを受けてもらいました。



お手伝いに参加してくれたアロマセラピストさんと二人で

3時間で合計30名以上の方に触れていきましたよ〜



アロマオイルで、ハンドトリートメント

しっとり保湿になるし

血行が良くなって、こんなにきれいな手になりました。

トリートメントした左手が血色もよく、しっとり潤って

とっても綺麗でしょう・・・

5.jpg


手が温かくなって、きれいになったと喜んでもらいました。

温かくなるのは、手だけではありませんね。



手と手が触れ合うことで

大きな化学変化が起こっているようです。

肌に触れあうことで、心と心でつながりあっていく

そんなイメージがわいてきて

やっぱり、タッチって素晴らしいな〜と嬉しくなりました。



介護でのアロマは、セラピストにも大きなプレゼントをくれます。

次回は11月30日の日曜日

グランポルト宝塚でのハンドケアボランティアです。


こちらからご応募くださいね〜

http://aroma-kansai.org/news/n_news/entry778.php

6.jpg

posted by KAF at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月02日

第7回目『アロマでタッチケアハンドトリートメント講習会・実技編』

NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラムが

アロマセラピストさんへのスキルアップだけでなく

一般の方にも広くアロマセラピーに親しんでもらい

ハンドトリートメントを通して、タッチケアを体験していただけるように

また、ハンドトリートメントのボランティアを目指している方へと

開催している『アロマでタッチケア』

基礎編、応用編、実技編と3編構成で行っています。




10月26日(日曜日)

爽やかな秋晴れの日曜日の昼下がり

ハロウインの飾りつけがされた

きずなの家母と子のコミュニティカフェ内で


第7回目『アロマでタッチケアハンドトリートメント講習会・実技編』

が開催されました。

s-007.jpg



基礎編、応用編に続きブラッシュアップになる実技編です。

講師の宮里副理事長から

タッチケアを安全に行うための

心理カウンセリングの視点から

受容・再陳述・反射・明確化などのカウンセリング技法の説明や

セラピストとして好感度を上げるための

15のポイントをわかりやすく学んでいきます。

s-011.jpg

看護師さん

介護福祉士さん

歯科衛生士さん

相談員をされている方

カウンセリングを学ばれている方

さまざまな立場の方が

それぞれの家庭や職場や友人たちに活かせるようにと

精油の香りとタッチの効果や手技を

学ばれるために参加されました。

s-022.jpg


前半の講座が終わって休憩時間には

ハーブティーとお菓子を用意しました。

ハイビスカスとローズヒップにピーチなどの果物が含まれた

鮮やかな赤い色と甘い香りのハーブティに

笑い声も弾み、和やかな時間があっという間に過ぎていきます。

s-017.jpg


リラックスした後は、ブレンドオイル作りです。

今回は主にリラックス系の精油

保湿効果もある精油たちを紹介しました。


ゼラニウム

オレンジ

マンダリン

プチグレン

真正ラベンダー

ベルガモットミント

これらの精油を使って

スィートアーモンドオイルにお好みのブレンドで作成します。

皆さん、お気にいりのブレンドオイルを作られて

「いい香り〜」と喜ばれました。


各自お持ち帰りいただけますので

これがあれば、講座の後も自宅での練習が続けられますね。



そして、ハンドケアの実践です。

ハンドケアの際の注意点や手技を一つ一つ確認します。


2人1組で交互にハンドトリートメントを行っていきます。

圧の加減や手の動きを教わりなかがら

1人1人アドバイスをうけていきます。

一番大切なのは、滑らかな密着度とか・・・

練習とはいえ、ハンドのタッチに皆さんリラックス〜

「気持ちいい〜」の声があがります。


参加者の方々からは

仕事や人との関わりの中でハンドケアを活かせたら!

施設で過ごす高齢者さんの生活リズムの改善になれば!

と、口々に話しておられました。

s-031.jpg

s-037.jpg

s-038.jpg


次回、第8回 アロマでタッチケアハンドトリートメント講習会は、

来年1月18日から開催です。


ハンドマッサージを学びたい方

アロマセラピーの基礎とタッチの効果を学びたい方は

是非一度ご参加ください。

お申し込みはこちらからどうぞ

http://aroma-kansai.org/news/n_event/entry798.php

posted by KAF at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月20日

グランポルト宝塚でのアロマボランティア

2014年10月19日(日)
秋晴れの中、
サービス付き高齢者住宅グランポルト宝塚にて
4回目となるアロマボランティアを行いました。

DSC_2470.jpg

今回は、ホームページの募集をみて参加して下さった方を含め
6名での活動です。
入居者様も「また来てくれたのね」と慣れてこられた方
前回もさせてもらったのに「初めて受ける」と言う方
反応もさまざまですが、
普段とは違った、穏やかな顔を見せて下さる方もあります。

DSC_2472.jpg

触れること、
香り、
会話、
セラピストの雰囲気、
それらすべての相互作用で
心を開いて下さるのでしょう。

しかし介護現場では、
認知症の方がほとんどと言っても過言ではありません。
そのため、会話の内容には普段と違って
心を配らなくてはならない場合もあります。
ご自身の年齢や
今さっき食べたもの、
たった今、した会話、
それらを覚えていないことが多く、
セラピストの質問の仕方によっては
とまどわせてしまうこともあります。

このボランティアでは、
高齢者への手技のみならず、
接するということを
学ぶ機会でもあります。

DSC_2471.jpg

DSC_2474.jpg

ハンドマッサージの後は、
会場に出て来れない方のお部屋に伺い、
拘縮のある場合は?
皮下出血が出来やすい場合は?など、
宮里副理事長の施術を学べるチャンスも。


是非、皆さんもご一緒に活動してみませんか?
KAFでは、ボランティアの場を、
セラピストの学びの場、成長の場としても
提供しています。

次回は
11月30日(日)

2015年の予定は
1月11日(日)
2月8日(日)
3月1日(日)
4月19日(日)

いずれも14時〜16時半まで(13時半集合)です。

ご応募は、下記をご覧頂き、事務局までご連絡下さい。
KAF会員さんが優先ですが、定員に達しないときは
非会員さんでもご参加いただけます。
お気軽にお問合せくださいね。

http://aroma-kansai.org/news/n_news/entry778.php
posted by KAF at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月19日

第9回ラヴィングベビータッチインストラクター養成講座

2014年9月20日(土)・21日(日)
  10月11日(土)・12日(日)の4日間


今回で第9回目となる、愛を伝えるラヴィングベビータッチの
インストラクター養成講座が開催されました。

s-034.jpg

お母さんが幸せや喜びを感じ優しく触れることは
母子相互作用や愛着形成を 豊かに育みます。

この講座では、愛を伝え、親子の絆づくりを促進するための
ベビーへのタッチを学び

お母さんたちにどう伝えていけばいいか
ラヴィングベビータッチ講座を開催できるよう
たくさんの資料と共に、実践力を高めていきます。


私たちが開催する講座の特徴は、
既に実践している指導者による豊富な経験や知識を
全力で投入する、惜しみないケアにもあります。


学陽書房から出版された著書

『ぐっすりネンネ&すくすく元気♪
赤ちゃんとママのしあわせタッチケア
〜ラヴィングタッチで育む親子の絆♪』

医療ケアが必要なお子さんへのタッチケアも実践されている
はやしひろこさんをメイン講師に

ベビーマッサージに対する情報だけでなく
産婦人科医、助産師、コーチングの先生もお招きして
さまざまな角度から丁寧に学びます。


大切な母子の絆を育むための役割を担うインストラクターを
養成するのですから、少人数で学ぶ4日間の内容は
受講生の知識を高めるだけでなく
それぞれのタッチへの思いを再確認してもらいながら
何故ラヴィングタッチを伝えたいのか
どうやって届けていくのかを深めてもらいます。


講座の内容は、タッチケア理論 ・母子関係 ・愛着形成理論
子どもの心身の発達について だけでなく、
乳幼児の一般的な病気についてや

子育てコーチに学ぶ、コミュニケーショントレーニング
ベビーマッサージの心理・身体的な考察
タッチケアの医学的研究に基づく理論と実際
マイアミ大学タッチリサーチ研究所でのベビーマッサージ実践報告
植物オイルについてとアロマセラピー精油の適用方法
触れるということの基本 やハンドトリートメント実習

そして、自身の調整のための呼吸法やリラクセーション法 もあります。

実技では、赤ちゃんの成長段階にあわせて実習を行います。
生後 2 ヶ月からねがえり時期までのマッサージ
はいはい期からたっち期のベビーマッサージ

そして、楽しい時間を共有することができる
手遊び歌も学びます。

s-033.jpg

その他にも、教室運営に必要な設備と環境などのお話もあり
他にはない、タッチのプロとして実践できる充実した内容です。


最終の修了試験では
実際に試験官の前でラヴィングベビータッチのデモを行ってもらいます。

1時間、真剣に取り組まれる姿は、とても素晴らしく
毎回感動の嵐がやってきて、思わず涙してしまいます。

s-005.jpg


今回は、大阪で開催している講座にも関わらず
東京や鳥取からもご参加いただきました。

お母さんと赤ちゃんの関わりをもう一度見直したいと
参加された助産師さん

人間関係は、胎児期から出産、そして子育て中の母子関係が
大きく関与していることを知り、母子の関係を深める
お手伝いをしたいと受講された方


既にベビーマッサージ講座をされているけど
ラヴィングベビータッチを再確認したいと再受講された方も


それぞれの熱い思いを抱いて来られました。


濃密で真剣な感動と学び多い4日間と修了試験が
無事に終わった後は、満面の笑顔に包まれました〜


受講してくださった皆様、お疲れ様でした。


たくさんの試験官に見つめられての修了試験は
今までにない経験で、とても緊張されたと思います。

s-036.jpg

s-043.jpg

その難関を飛び越えられたことが自信となりますように
これからの認定に向けて取り組む志しと勇気につながりますように
スタッフ一同、願っております。

s-049.jpg

さて次回の、
第10回のラヴィングベビータッチインストラクター養成講座は
来春開講予定です。

日程が決まりましたらお知らせしますので
今しばらく募集案内をお待ちくださいませ。

認定者さんたちも、少数名ではありますが
再受講を受け付けますので楽しみにお待ちくださいね。

s-046.jpg


posted by KAF at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月07日

「森とひとをつなぐオークヴィレッジ40周年」記念イベント

2014年9月24日(水)〜30日(火)の1週間、
稲本正代表が率いる、オークヴィレッジの
「森とひとをつなぐオークヴィレッジ40周年」記念イベントが、
阪急うめだ本店、9階祝祭広場にて開催されました。

会場となる祝祭広場には、
飛騨高山の森で実際に育っている木々が運び込まれ、森が誕生!

s-009.jpg

初日は『合掌の家』の組み立てのデモンストレーションから始まり、
その中には家具、雑貨、おもちゃなどの展示も。

DSC_2322.jpg

s-007.jpg

「以前、箪笥を買ったのだけど、その木でアレルギーが出てしまい、
ここの家具に変えたら、すっかりよくなって・・・
だから、今回楽しみに来たのよ」とおっしゃる方もおられました。

s-037.jpg

飛騨高山の森の日本産精油『yuica』の抽出機も登場し、
毎日クロモジの抽出実演が行われました。

クロモジ精油.jpg

s-028.jpg

s-003.jpg

s-030.jpg

s-033.jpg

今回、私達KAFも日本産精油を使ったルームスプレー作りと
ハンドトリートメントの提供という形でご協力することとなり、
ハンドトリートメントによる自律神経の変化についての調査も目的に、
会員セラピストさんと共に活動してきました。

KAFスタッフ2014.jpg

オークヴィレッジイベント.jpg

s-057.jpg

ハンド風景.jpg

s-014.jpg

s-002.jpg

心理尺度の調査用紙に、トリートメント前後に心の状態を記入して頂き、
指先に装着した機械で心拍数を測り、データをとっていきます。
パッチテストやアンケートもあるため、
全ての工程に30分程度を要するにも関わらず、
全体では242名、調査協力で同意書にサインして下さった方は195名。
何時間も待ち時間があるにも関わらず、
それでもと、多くの方がお待ち下さいました。

s-001.jpg

ほとんどの方は、ハンドトリートメント中ウトウトと頭を垂れて、
森の香りと音の中、ほんのひと時、穏やかな呼吸になって
リラックスして下さったようです。
自律神経バランスや、肉体疲労の結果にも
皆さん興味を持って確認しておられました。

スプレー作りも好評で、
クロモジ、ニオイコブシ、ヒノキ、アスナロ、ヒメコマツ、
モミ、サンショウなど、
どのブレンドにしようか、皆さん楽しそうに思案されていました。
友人へプレゼントしたいからと、
翌日再びご来場下さった方もありましたよ。

DSC_2310.jpg

このイベントに参加させて頂き、
小瓶に詰められた精油だけでなく、
実際の木々に囲まれながらその音、香りの中で、
心穏やかになっていただける為の施術を一番に心がけること、
そして自分もそのリズムに心地よくなっていくことを
とても感じられる機会となりました。

Yuicaさんはじめ、
お手伝い頂いたアロマセラピストさん、
呼びかけに足を運んで頂き、研究にご協力下さった方々、
皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

s-027.jpg


posted by KAF at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月25日

阪急百貨店イベント準備

9月24日水曜日から始まる

阪急うめだ本店、祝祭広場でのイベント説明会を行いました。

s-002.jpg

KAFのホームページをみて応募してくれた皆さん

ありがとうございます。

今回初めて出会うアロマセラピストさんもいて

ご一緒できること、楽しみです。


久しぶりに参加してくれる懐かしい顔や

被災地のボランティア活動にも参加してくれていた方

私たちの活動に毎回お手伝いに来てくれる方々

こうして共に活動できること

有り難く思っています。


アロマセラピーというツールを通して

誰かの健康を守りたい

人に優しいケアをしたい

より良いアロマセラピーを伝えていきたい。

そんな思いを込めて集まってくれたアロマセラピストさん達に

イベント当日の流れや

ハンドトリートメントの調査の目的、方法について

お伝えしました。



米ぬかから採られたライスキャリアオイルに

鎮静作用であるリナロールが主成分の

クロモジ精油のブレントで

ハンドトリートメントを行なう予定ですので

ご紹介する日本産精油の勉強や

ハンドトリートメントの手技も練習しました。

s-004.jpg

s-005.jpg

ご協力いただくアロマセラピストさん

ご参加くださり、ありがとうございました。


阪急うめだ本店という大きな会場で

たくさんのお客さまと出会う経験を糧として

また一回り豊かで大きくなれることを願っています。



理事長の大門先生から

フルーティで甘い香りのハーブティと

可愛いデニュッシュの差し入れもいただきました〜

s-008.jpg

来週、水曜日から一週間

ハンドトリートメント調査の被験者さんとしても

研究の協力になりますので

是非体験しにいらしてくださいね。

皆さまとの出会いを楽しみにいます!!




posted by KAF at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月16日

2014.9.14グランポルト宝塚でのアロマボランティア

特定非営利活動法人関西アロマセラピスト・フォーラムでは
アロマセラピストの活動領域を広げるため
社会的認知度を高めるためようと
様々な活動を行っています。


アロマセラピーの心と体に対する効果を紹介し
体験してもらったり
調査研究を行なったり


介護施設でのボランティア活動も、その一つです。

介護分野でのアロマセラピーも必要とされています。

安全に行うために、どのようなことを学び
どんな準備をしたらいいのか

対象者を理解するための知識だけでなく
実際に直接触れる経験を重ねることも
とっても大切です。


知識・技術・姿勢・・・
アロマセラピストに
そんな経験を積み重ねてもらうためにも
KAFでは、小さな歩みですが
いっぽ一歩、皆さんと一緒に歩いています。


9月14日(日曜日)の午後
介護施設でのアロマボランティアを行いました。

会場は、医療法人社団 大門医院併設の
サービス付き高齢者住宅グランポルト宝塚です。

s-001.jpg

s-004.jpg

3回目となる今回は
5人のアロマセラピストが参加しました。

グランドフロアーに机を設置し、
アロマハンドトリートメントを入居者様にさせていただきました。

s-007.jpg

s-012.jpg

・毎回楽しみに来てくださる方

・女学校時代のお話を楽しくしてくださる方

・『気持ちいい、寝てしまいそう』と、ウトウトされる方

最初は気恥ずかしそうにされている方も
片手が終わる頃にはリラックスされて
表情も穏やかな笑顔に・・・
だんだん笑い声に変わります。


精油のほのかで心地良い香りが
フロアー全体に広がって
まわりの人たちも『癒される』と声があがります。

s-016.jpg

さまざまな人生を物語る大切な手

小さくやせた手
大きく骨ばった手
指先の関節が曲がってしまった手
いくつものシミの輪が広がった手
血管が浮きでた手
内出血が痛々しい手


日々の生活ぶりを忍ばせるだけでなく
これまでの人生を掴みとってきた手に
私たちは触れさせてもらっています。


肌に触れることで気持ちが穏やかなになり
不安やストレスが減り
笑顔が広がってきます。

s-019.jpg

受けてくださる高齢者の方々が
私たちにも優しく声かけしてくださるので
セラピスト側も温かな気持ちに包まれていきます。

連休中だったので、
ご家族の方と外出された方もいらっしゃっいましたが
男女合わせて20名近くの入居者様に来ていただき
喜んでいただけました。


フロアーに出てこれない方の居室にも
訪問して、下肢のアロマトリートメントを行ないました。

s-024.jpg

対象者の状況を把握し希望を伺いながら
どんなアロマケアが行えるか
安全な方法を考えていきます。

『こんな気持ちのええこと、やってもらったことないわ〜』

と満面の笑みで喜んでくださいましたが・・・

え〜、前回も同じこと言ってましたよ〜(^−^)

タッチでの出会いも、ここでは一期一会のえにしです。




次回の介護施設でのアロマボランティアは

10月19日(日曜)14:00〜
11月30日(日曜)14:00〜

私たちと一緒にボランティアに参加してくださる方を
随時募集しております。



ご参加下さる方は
ホームページのお問い合わせフォームから
ご連絡くださいね。

http://aroma-kansai.org/news/n_news/entry778.php


ご賛同いただける皆様との
出会いをお待ちしております。




posted by KAF at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月02日

2014.8.31ハンドマッサージ講習会応用編

3年前の東日本大震災後の被災地でのアロマボランティア活動から生まれた

『Aromaでタッチケア〜ハンドマッサージ講習会』

今回で、第7回目の応用編を迎えます。

s-013.jpg

親や、肩こりで悩んでいる友人
ストレスや悩みを抱えている職場の方を楽にしてあげたい。


病院の新人ナースにハンドマッサージをすることで
コミュニケーションを図り
今何に悩んでいるのか知ることでスタッフ教育に活用したい。


アロマやタッチの知識と注意点を知り、
介護施設でのボランティアに活かしたい。


基礎編を受講してアロマやタッチの世界の奥深さに触れ
もっともっと知ることで、身近な人を癒してあげたい。

と、8名の方にご参加いただきました。

s-017.jpg

s-019.jpg

少人数で開催していますので、皆様の目的を知ることで、
講座内容もブラッシュアップしていきます。



午後からの4時間の講座も、香りがあるせいか
疲れずにあっという間でしたね。

自分の持っている一面を知る、
心理テストも楽しんでもらえました。

理論と知識と体験で
アロマとタッチのホリスティックなケアを
実感してもらえたかと思います。


座位で行なえる簡単なワンポイントの
首と肩のアロママッサージも
肩こりが楽になったと好評でした〜


次回、10月26日は、ハンド講習会実技編となっております。

実技編には、基礎編を受講してくださった方が参加できます。

基礎編から時間が経っている方も、ハンドマッサージの復習と

肩や足のワンポイント・アロママッサージの練習をしますので

是非いらしてくださいね。



第8回目の『アロマでタッチケア〜ハンドマッサージ講習会』は

年内予定が一杯になってきており、開催日が未定ですが

ホームページでご案内しますので、時々ご覧になってくださいね。





posted by KAF at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月07日

「アロマカフェVol.25」

8月3日(日曜)

NPO法人 関西アロマセラピスト・フォーラムが不定期に開催する

アロマセラピストの交流会 「アロマカフェVol.25」

『介護に活かすアロマセラピー』が開催されました。

s-022.jpg

宝塚市の大門医院併設のサービス付き高齢者向け住宅

グランポルト宝塚http://www.grandeporte.net/ にて、アロマセラピストが集まり

グランドフロアーにて利用者様にアロマオイルを使った

ハンドマッサージをさせていただきました。

s-012.jpg

s-011.jpg

s-004.jpg

s-002.jpg


私たちの到着を楽しみにされて

時間よりも早く来られた方もいらっしゃいました。

私たちも嬉しくなり

ダイニングのテーブルを片付けて

タオルを準備し

ハンドマッサージのテーブルをセッティングしました。


こうして、おひとりお一人にゆっくりとお話をお伺いながら

その手にふれていきます。


お仕事、家事、育児… 

お忙しかった若い頃の思い出話

戦争中に青春を過ごされたお話・・・

たまたま、お隣に座られた方が偶然にも

お近くで住んでおられたことを知って盛り上がり

地域のお話を楽しくされておられたり。



いつも明るい方でも、ゆっくりお話させていただくと、

「昔は薪割りもいっぱいしたし、妹達の面倒もよく見たのよ」

と、今までしっかり者で頑張ってこられた話をされながらも

「でもね、私は気にしすぎる所があってね、気が小さいのかしら?」と、

普段とは違う一面も見せてくださいます。



最近入居され、初めてハンドマッサージを受けられた方は、

『気持ちいいわね〜』と満面の笑顔で喜んでくださいました。


手がしっとりとすることも実感していただきながら、

ベースオイルやブレンドした精油のお話もさせていただきました。

s-018.jpg

s-020.jpg

s-021.jpg

これからも月に一度、日曜日にAromaハンドボランティアを開催します。

次回は、9月14日 10月19日 11月16日

14時〜16時

『グランポルト宝塚』で行ないます。

私たちと一緒にボランティアを始めませんか?


介護分野でのアロマセラピーに関心のあるセラピストの皆様の

ご参加をお待ちしています。
posted by KAF at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月22日

『第7回アロマでタッチケア・ハンドマッサージ講習会 基礎編』

2014年7月20日(日)、
『第7回アロマでタッチケア・ハンドマッサージ講習会 基礎編』
を開催しました。
遠くは名古屋や滋賀、奈良からもご参加頂きましたわーい(嬉しい顔)

s-007.jpg

この日、宝塚はコスプレの撮影会!カメラ
アニメの世界から飛び出してきたような衣装に身を包んだ
コスプレイヤー達が、窓の外でポーズをとる中目
精油の香りに包まれて、和やかな雰囲気で
座学、実技と進んでいきます。かわいい

s-012.jpg

s-015.jpg

どの精油を何故選ぶのか、
タッチにはどのような効果があるのか、
向き合った相手の手をほぐすのではなく、
心をほぐすということを
この講座でしっかり学び、
実感して頂けたのではないでしょうか。

s-016.jpg

s-017.jpg

「とてもわかりやすく、楽しく学ぶことができました。」
「良い香りの中で、興味深く学ぶことができました。」
「注意点がよくわかったし、リラックスできました。」
「遠方からでしたが、参加できてよかったです。」
など、ご感想を頂きました。ひらめき

応用編は8月31日(日)です。
お申し込みは、基礎編受講者のみとなりますが、
是非、受講者の皆さまはステップアップをお勧めします!

お申し込みはこちらより手(パー)
http://aroma-kansai.org/news/n_event/entry703.php



posted by KAF at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月14日

アロマカフェVol.24

アロマカフェVol.24 報告

アロマセラピストの交流と情報交換会として開催している

“アロマカフェ”

自由な空気の中で、カラ―セラピーやフットケアや

鍼灸師さんをお招きしてアロマトリートメントに役立つツボや

経絡に沿ったトリートメント法や

循環器のドクターをお招きして

高齢者の下肢への安全なアロママッサージ法や

さまざまなマッサージ技法のビデオ学習会など

ミニセミナーを開催したり

先輩セラピストにきいてみようと、自由なお茶会や

名刺交換会を開催したりしてきました。



24回目となる今回は、介護分野でのアロマが注目されるなか

『介護に活かすアロマセラピー』と題して

特定非営利活動法人関西アロマセラピスト・フォーラムの理事長

大門美智子先生が運営されている

サービス付き高齢者向け住宅 グランポルト宝塚 内で
http://www.grandeporte.net/

ハンドマッサージの講習会と実践を行いました。

介護施設ですので、車いすを使用しているなど

介護を必要とされる方もおられます。



ハンドマッサージを始める前に

介護を必要とされる方や

ご高齢の方へのタッチケアを行うにあたり

何を注意したらいいのか

どのように関わったらいいのか説明しました。

s-006.jpg

集まっていただいたセラピストは

医療の資格もないし、介護はしたことがないし

難しいのではないかと避けてこられた方もおられ

初めての体験でしたが

スタッフや入居者の皆様の好意的な雰囲気の中に

受け入れて頂けたことを、とてもありがたかったと話されました。

s-008.jpg

s-011.jpg

s-015.jpg

s-016.jpg

s-021.jpg

s-023.jpg


ロビーでのハンドマッサージの後は

ロビーに出て来られない方のお部屋に伺い

下肢のアロマトリートメントの見学をしていただきました。


肌の状態や、体調も要介護の度合いもそれぞれですので

その方に応じた注意点や、安全なトリートメントの方法など

説明しながら、アロマオイルを使った施術をさせてもらいました。



ご参加いただいたセラピストさんからは

「それぞれの状況に対応する事の難しさを実感しましたが
それと同時に、声かけなど、実際の様子を見ることで
するりと腑に落ちる事もあり
やはり受講して良かったと思います。

経験やレベルに応じての質問も気軽にできますし
介護分野でのアロマセラピーにご興味のある方には
おすすめの内容だと思いました。」



「入居されている皆さんの人柄や
人生の歴史に触れさせていただき
楽しくアロマのハンドトリートメントをさせていただきました。

「気持ちよかった!」と楽しんでいただいたり
よくわからない・・・という表情をされていたり
感じかたは人それぞれですが

人に肌に触れるトリートメントは、知識や技術はもちろんですが、
コミュニケーションがより大切だと気がつきました。

これからも、言葉のコミュニケーション
そして非言語のコミュニケーションも大切にした施術を
続けていけたらと思います。」



  「実際に関わり触れることで
頭だけで考えていたことと違うことが分かりました。

介護分野では、アロマセラピーが活用でき応用も
できることがわかり、参加して良かったです。」


  グランポルトのスタッフさんからも

  「普段見れない表情を見ることができた。」

  「いつもより笑顔が多く、嬉しそうな表情が多く見られた。」など

何より、入居者さんが嬉しそうで良かったと言ってもらえて

スタッフの皆さんに受け入れて頂けたことでホッとしました。

今回ご参加いただいたセラピストの皆さん

そして施設スタッフの皆様

ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。



次回のアロマカフェVOL.25  8月3日(日)も

ここ「グランポルト宝塚」にて 

『介護に活かすアロマセラピー』を行います。

お申し込みはコチラから
https://ssl.formman.com/form/pc/4Ak2RczC3kxVA0tP/


これから、月に1度 アロマボランティアチームを

立ち上げる予定ですので

先輩セラピストから学ぶ実践、研修の場としてもご注目くださり

是非ご参加くださいね。



posted by KAF at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月17日

第7回総会講演会 『介護に活かすアロマセラピー』

梅雨に入り、雨が気になりましたが

とっても良いお天気に恵まれて晴れ

無事に第7回総会・講演会を開催することができました!

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)

美智子先生.jpg


受付.jpg


介護にアロマセラピーを取り入れようとされている方にとっても

とても充実した一日でしたね。目


浅井先生は癒しの手の実践手(パー)黒ハート


浅井先生KAF総会5.jpg

浅井先生KAF総会4.jpg

浅井先生実技.jpg



村田先生は医師の立場からの現状

そして期待感と問題点の提議ひらめき


村田先生2.jpg



実際に現場で活躍されている4名のセラピストさんからは

利点や注意点を含め、導入方法や現状報告など…

様々な角度から介護とアロマのことを学び

考えさせていただくことができました。グッド(上向き矢印)


森さん2.jpg

加藤さん2.jpg

清さん2.jpg

吉岡1.jpg



何より、ご講義いただいた先生

セラピストさんたちの

”介護を必要とされている方々への寄り添う思いやり”

が感じられたのではないかと思います。かわいい


理想と現実で

戸惑うこともあるかと思いますが

発表者の言葉にもありましたが

『ぶれずに思いを形にしていく』

そう在りたいと

足元を見直す機会となりました。グッド(上向き矢印)



また、今回の会員総会は、お昼のお弁当付きでした!わーい(嬉しい顔)

総会.jpg

お弁当1.jpg

お弁当2.jpg



精油販売コーナー

彩生舎さん

彩生舎1.jpg


アロマアンドライフさん

アロマ&ライフ1.jpg


yuicaさん

yuica1.jpg

yuica2.jpg



体験ブースは


和み彩香さんのカラーセラピー目

カラー1.jpg

カラー2.jpg


クォンタムタッチ手(パー)

クォンタム1.jpg


タッチケアさんのハンドマッサージ揺れるハート

ハンド.jpg


ラヴィングベビータッチも

とても賑わっていましたね。ハートたち(複数ハート)

ベビマ1.jpg

ベビマ2.jpg


これからも、また明日や1年後に向けて

一歩ずつ、歩んでいきたいと思います。グッド(上向き矢印)

集合写真.jpg

懇親会.jpg



E
posted by KAF at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月02日

2014年3月30日アロマハンド講習会 実技編

2014年3月30日(日)、第6回ハンドマッサージ講習会
実技編を開催しました。
桜も満開に近く、宝塚の花の道は優しい春の香りでいっぱいです。

あ.bmp

和気あいあいと温かい雰囲気の中
座学、実技と進んでいきます。

s-015.jpg

s-017.jpg

s-019.jpg

繰り返しになりますが、
ハンドマッサージはただ身体の疲れをとったり、
保湿して肌をきれいにする、
というだけのものではありません。

そこにはカウンセリング的な要素が大いに含まれます。

「元気になる力は誰もが持っているもの。
悩みや不安を抱えると、それを見失ってしまう。
しかし私達は助言や忠告をするのではなく、
自分自身でそれに気づいて回復するのを
そっと見守ってサポートする。」

アメリカの臨床心理学者カール・ロジャースの
「来談者中心療法」を用いて
宮里講師からこのようなお話がありました。

アロマセラピストの基本とも言えるこの言葉を
どうか大切に心に刻んで
ハンドマッサージに役立てて頂ければ嬉しいですね。

また、参加者の方から嬉しいご報告がありました。
普段、あまりコミュニケーションがとれていなかったご主人に、
練習でハンドマッサージを行ったところ
とても喜んで下さったとのこと。

アロマを通して、温かい気持ちが流れる。
こんな嬉しい事はないですね!

これからもたくさんの方と
温かいつながりが広がりますように…




posted by KAF at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月03日

2014年2月2日アロマハンド講習会 基礎編

2014年2月2日(日)、
「第6回アロマでタッチケア ハンドマッサージ講習会基礎編」
を開催しました。

s-003.jpg

遠く電車とバスを乗り継いで、米子から
かけつけて下さった方もおられます。

基礎編の座学は、ハンドマッサージのもつ意味を学んだり
全体を大きくとらえて基礎を固めていきます。

今回の参加者の皆さんは、ほとんどが看護師さんと
クリニカルのアロマセラピストさん。
アロマに関しても、タッチにも、
それぞれエビデンスがあるのですが、
特に今回はエビデンスに大きく頷いて、
興味を持って聞いておられた印象でした。


休憩をはさんで、ご自身用のマッサージオイルの作成です。
「精油のブレンドで、拮抗するものは?」
という質問もあり、
薬理作用をしっかり考える看護師さんならではだなぁと
感じました。

s-004.jpg


続いてハンドマッサージの実習です。
最初はぎこちない手つきだった方も
だんだんコツを掴んでこられます。

s-011.jpg


今はまだ、手元に意識がいきがちですが、
応用編、実技編と進むと、
相手の顔を見ながらお話ができるようになりますので、
是非、続けてご参加くださいね!
posted by KAF at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月27日

アロマカフェVOL.23

1月26日(日曜日)、アロマカフェ「妊婦さんへの
アロマセラピー・ビデオ学習会」を開催しました。

s-005.jpg

アロマセラピストから緩和ケアを目指して看護師になられた方。

看護師資格、鍼灸指圧師をお持ちで、アロマのタッチの良さを実感された方。

アロマセラピー学会の認定取得に取り組んでおられる方。

栄養士であり、アロマセラピストでもあり、
当会のラヴィングベビータッチの講師として活躍している方。

助産師であり、ラヴィングベビータッチ講師でもあり、
妊娠中から産後の方へのトータル的なケアを目指しておられる方。

出産後の方へのフェイシャルエステをされておられる方。

皆さん日々の活動に活かそうと、お忙しい中いらして下さり、
ありがとうございました。

久しぶりにお目にかかる方もおられ、
それぞれの活動がどう展開しているのかをお尋ねするのも
私たちスタッフの楽しみでもあります。


妊婦さんへのアロマトリートメントは、
一般的な手技よりも、妊娠中の身体の変化を知った上で
注意点を考え、細かな心配りが必要です。

ビデオを見ながらポイントはどこか?
アロマトリートメントの基本をどのように応用していくか
注意点も細かく教わりながら説明を受けました。

妊娠中という解剖生理を知ることも大切ですが
アロマセラピストの目線
医療者の目線の違いにも気が付きました。

妊婦さんが安全で楽に受けられる体位
それと同時にセラピスト自身も
側臥位での施術に対応できるように
身体に負担をかけないように考えながら施術していく。


おなかが大きくなっていく妊娠中の方への配慮や
注意点はたくさんあります。

仰臥位低血圧症候群への対処として
左側を下にする左側臥位のポジションをとる意味も
学びました。

s-011.jpg

参加してくださった方からは

「本で読んでもなかなか妊婦さんへのトリートメントの体位や
手技のイメージが出来なかったが、今日実際に見れて良かった。」

「自分の出身のスクールでの手技しか知らなかったけど、
他の手技をみることで、いろんな方法があることが分かった。」

「自分の手技にこだわらず、各パーツごとの施術法を組み合わせて、
取り入れていこうと思った。」

これからのアロマセラピーの幅が広がるような
充実したビデオ学習会でした。

次回の開催が決まりましたら、またお知らせしますね〜グッド(上向き矢印)

s-017.jpg
posted by KAF at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月20日

ティナ・アレン先生の小児タッチケア上級セラピスト認定コース

11月30日から4日間

全米のマッサージセラピスト賞を受賞されたこともある
ティナ・アレン先生の
小児タッチケア上級セラピスト認定コースでした。


s-014.jpg


その前後には、奈良にある療育園や
西宮の医療福祉センターさんでの
実際のワークショップを体験する研修もあり
充実した内容の6日間で、小児タッチケアを学んでおりました。

「日本ベビー&チャイルドケア協会」さんが、
ティナ先生の「国際リドルキッズ協会」の日本での事務局を
担当されていますが

私たちは、関西発上陸となるこの6日間の
お手伝いをさせてもらいました。

関東や九州方面などからもティナ先生から学ぼうと
集まってくださった
タッチケアを志す仲間は、30名を越えました。


小児タッチセラピー講座.jpg

小児タッチセラピー1.jpg


看護学校の先生や
小児看護に携わっているナース
病棟保育士さん
難病や障がい児のケアに関わっている方など
皆さんの受講動機をお聴きするだけでも、胸が一杯になりました。


ティナ・アレンさん.jpg


脳性まひや、重度の心身障がいを抱えたお子さんなど
医療ケアの必要な子どもたちへのタッチケアを
さまざまな病院内で指導し、児への個別カリキュラムを作成し

また医師や医療者の更新資格として必要な単位となる
小児医療タッチケアにも講師として指導されています。

その上、来年横浜での、4年に一度開催されるオリンピックのような
世界作業療法士の大会でも講演されることが決まっているそうで
そんな、小児タッチセラピーの第一人者、ティナ・アレン先生から
身近で学べたことで、タッチケアの奥深さに感動と感激の6日間でした。

まだ咀嚼するのに時間がかかりそうですが
日々じわーっと、その深い洞察力や慈愛に満ちた言動を思い出し
タッチという人に触れることを
大切に丁寧に慎重に伝えていきたいと、身が引き締まる思いです。


s-034.jpg


アメリカでは、マッサージの資格がないと行えないなど
州によって法規が違うので、タッチの指導を行う上でも
さまざまな種類の書類をつくることが大変・・・と苦笑いをされていましたが

アメリカでは、医療従事者しか受講できないこの小児タッチケアの講座を
障がいをお持ちや医療ケアの必要な子どもたちへのタッチケアを学びたい
と志す私たちに
どんな風にふれていくのか
タッチがもたらす効果だけでなく
触れることのリスクや禁忌事項についても丁寧に
そして分かりやすく教えてくれました。

そして、私が一番学んだことは、『慎重にふれる』という事でした。

愛のあるタッチで
人としての尊厳を大切にしながら触れていくこと・・・

もっともっと慎重に触れることの功罪も踏まえて
タッチを丁寧にとらえていきたいと思います。


s-012.jpg


世界各地を旅しながら、
医療介入が必要なお子さんへのタッチケアを伝えるため
自宅を持たず、ツアーバスで全米各地を回り
常に惜しみ無く私たちに指導してくださったティナ・アレンさん

次回の来日に合わせて、11月にはまた関西にもお呼びしたいと考えています。

小児タッチケアに関わる方は、タッチへの情熱一杯の
ティナ先生に会いにきてくださいませ
一緒に学んでいきましょう。


国際リドルキッズ協会認定証.jpg


私たち、「関西アロマセラピスト・フォーラム」でも
小児タッチケアの活動を始めていきたいと思っています〜

JABC日本ベビー&チャイルドケア協会の市居様
ご縁をいただき感謝しています!

関係者の皆様、ご参加くださった皆様
協力してくださった施設関係者の皆様
ありがとうございました〜

小児タッチケアを一人でも多くのお子さんとご家族に体験してもらえるよう
これからも共に歩ませてください。

ティナ先生と.jpg
posted by KAF at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月09日

2013年12月8日ハンド講習会実技編

2013年12月8日(日)、
第5回『アロマでタッチケア ハンドマッサージ講習会 実技編』
を開催しました。ぴかぴか(新しい)

s-002.jpg


基礎編・応用編で、精油やタッチの意味を勉強し、
実技編ではいよいよ実際に対面した時の
相手との心の距離感や、五感や色とつながる心理学、
また簡単なハンドリフレも学んでいきます。手(パー)目

s-006.jpg

s-004.jpg


ともすれば、依存されてしまいがちなセラピストですが、
どういうスタンスで相手を受け入れるのか?

相手のネガティブなエネルギーを受けてしまった時は
自分をどう立て直すのか?

自分がしんどい時は、どうするべきか?

など、施術者が心得ておくポイントが織り込まれています。ひらめき

決してアロマとは手技を提供するだけではなく、
心と心を向き合わせること、
そしてそこに流れる目に見えないつながりを
いかにベストな状態で保つのかによって、
心地よく、心まで穏やかに癒されるのだということを
感じて頂けたのではないでしょうか。ぴかぴか(新しい)

s-007.jpg

s-014.jpg


肩・首の施術も、皆さん「待ってました!」とばかり
一生懸命練習されていました。グッド(上向き矢印)
血行がよくなり、気持ちよくほぐれたところで
終了時間となりましたが、
皆さんしばらくその場でお話をされて、
ほっこりした様子でした!わーい(嬉しい顔)

s-026.jpg

次回のタッチケア講習会の日程は、
現在のところ未定ですが、
本年中にご案内できると思いますので、
しばらくお待ち下さいね!soon
posted by KAF at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月11日

第5回ハンドマッサージ応用編

2013年11月9日
第5回 アロマでタッチケア ハンドマッサージ講習会 
応用編を開催しました。

今回は、基礎編を受講された方が参加の講座です。

1.jpg

基礎編同様、最初は座学で、間に休憩を挟みましたが皆さん集中し

・精油成分がどのように心身に働きかけるのか
・基礎編で習った精油とは違う精油の効能や注意点
・皮膚感覚の繊細さ
・ホリスティックとしてのタッチ
・コンサルテーションの重要性

などを学んでいただきました。

2.jpg

コンサルテーションは、実際に二人一組になり実施
同時に心理テストも行います。

同じ物を選んでも、選んだ理由は様々
それは、その結果の良し悪しではなく、
お互いの価値観の違いを感じていただくものでした。

みなさんあらためて、何が大切かを実感できたのではないでしょうか。

そして、実技では、ハンドと肩周辺を行っていきます。

4.jpg

いろんな角度から、
少しでも相手のことを知り、
よいよい信頼関係を築き、
そして思いやりの心を持って
タッチを続けていっていただければと思います。

まずは、自分自身がリラックスの大切さと方法を実感してから
ケアが始まりますね。

12月8日には、実技編を開催します。


posted by KAF at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月03日

第5回ハンドマッサージ講習会 基礎編

2013年10月27日(日)、
第5回『アロマでタッチケア ハンドマッサージ講習会 基礎編』
を行いましたぴかぴか(新しい)

今回もお互い自己紹介をして、
相手を知っていくところからスタートです目耳

s-002.jpg

メンタルが落ち、仕事をやめてセルフケアのために始めたアロマを
一から学びなおしたいという方。

人に話しを聞いてもらうだけで楽になることがたくさんあるので、
心と身体のつながりを勉強したいという方。

家族のコミュニケーションのためにと来られた方。

友人のご病気に対し、自分にできることはないか?と
アロマハンドマッサージにたどり着かれた方。

いつものように、精油の効能や注意点と、
エビデンスをまじえたタッチの効果を、まずは座学でいす

多分、皆さん想像以上の効果を学ばれたことと思いますグッド(上向き矢印)

s-003.jpg

s-004.jpg

s-005.jpg


そして実技では、それを実感ひらめき

s-008.jpg

s-014.jpg

手(パー)「ハンドのすごさ、よさが、たくさん伝わりました!」

手(パー)「今までサロンワークでしていたトリートメントとは、
速度やタッチの方法が違い、とても勉強になりました!」

手(パー)「ハンドマッサージひとつで色々なことがわかることに
とてもびっくりしました!」

s-017.jpg

子供さんやご主人、ご友人など、周りの方々へ
優しく心のこもったタッチを、是非続けて下さいね!黒ハート
posted by KAF at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記